Windows7とXPのデュアルブート

IT父さんは、Windows7 のマシンに後から Windows XP をインストールした状態のデュアルブート環境でマシンを使用しています。

?

なぜ、Windows7のXPモードを使わず、デュアルブートにしているかというと、XPモードに割り当てるメモリ容量による動作速度や、XPモード自体の起動時間にちょっと不満があるからです。

?

Win7から再起動してXPを起動することを考えれば、XPモードの起動時間と大差ないようにも思えますが、ネイティブXPの方が気兼ねなく操作できるので、デュアルブートにしています。

?

ただ、Windows7に後からXPをインストールするには単純にいかないことが多いので、ここではIT父さんがやった方法を説明します。

?

まとめたものは、IT父さんのホームページ「IT父さんのIT化推進計画」に掲載するつもりです。このブログでは複数回に分けて掲載することになります。

?

まず、前提条件として、Win7のマシンはHDDがSATAのものでAHCIモードで動いているのですが、Windows XP というOSは標準ではAHCIモードに対応していないということを認識しておかなければなりません。

?

そこで、事前に確認しておきたいのが、マシンのBIOS設定で、AHCIとIDEの切り替えが出来るかどうかです。これが可能なのと、そうでないのでは、後からの苦労が大違いになります。

?

まずは、この部分を調べておきましょう。

?

では、続きは次回に・・・